3対3アウェー

バスケ
スポンサーリンク

3対3アウェー

練習方法

  1. オフェンスはトップと左右のフォワードの位置、ディフェンスはマンツーマン
  2. ガードからフォワードにパスを入れたらガードは逆サイドにアウェーして自分のデイフェンスがピストルディフェンスできないように視界から隠れる位置に行く
  3. 学サイドのフォワードもアウェーをしてピストルディフェンスができないようにディフェンスの視野から隠れる動きをする
  4. ガードはLカットをしながらトップでミートアウトをしてフォワードからパスを受ける
  5. 逆サイドのフォワードにエントリーをして2、3の動きを逆サイドで繰り返す
  6. これを5回行ってからライブの3対3を行う

この練習の考え方

  1. オフェンスはボールマンばかり見るのではなく自分のマークマンを意識する
  2. アウェーをしたら自分のマークマンがボールマンだけを見ているのか、自分だけを見ているのか、両方見ているのかを確認する
  3. アウェーをしたら自分のマークマンがボールマンよりなのか、自分よりなのかのポジション取りを確認する
  4. オフボールマンのディフェンスがオフボールマンのオフェンスに注意をとられているならボールマンはドライブのチャンス
  5. オフボールマンのディフェンスがボールマンに注意をひかれているようならスキップパスからアウトサイドシュートや逆サイドから飛び込みのパスランのチャンス

まとめ

 3対3のアウェーでボールマンの選択肢とオフボールマンの選択肢がディフェンスの位置によって正しく選択されることにより、より確率の高い攻撃が生まれます。また、この考え方が3人同じであることにより連動性が生まれ早くて美しい攻撃になります。

 デイフェンスの時はボールマンと自分のマイマンの両方見ることができているのに、オフェンスの時は両方見れていることが少ない。

 この習慣を身に着けることにより再現性の高いオフェンスが生まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました