MENU

集合天才

おはようございます。BAUM社長です。

集合天才

集合天才(しゅうごうてんさい)とは、

ゼネラル・エレクトリックにおける組織運営の考え方の一つ、「collective genius」の訳。

各々の専門分野において突出した才能を集めれば、

一個の天才をも凌ぐ存在を作り出すことができる。

一人ひとりは凡人であっても、互いに協力し、各々の能力を生かすことができればよいのだ。

価値あるものを世に送り出すために、天才の出現を待つ必要はない…。

ゼネラル・エレクトリックも、その母体であったトーマス・エジソン主宰の研究所も、

このような考え方のもと、有用な発明を数多生み出してきた。

とはいえ、知識や才能をただ集めただけでは、単なる集団のままで終わる可能性がある。

組織が集合天才として機能するためには、

個々の才能や蓄積された情報が有機的に結びつくことが必要であり、

そのための環境やプロセスの構築が必要とされている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より」

バスケ(日常)でも

新チームのことを考え始めているけど

ヤフーとラインの統合のように、

世界で戦っていくためにはそれぞれで天才を作るには時間がかかりすぎるからだろう。

日本は学校教育によって多様な考え方が否定されてきたので、

突出した天才が生まれにくい環境になっている。

スポーツの現場も教員がトップにいると古い形式的な考えでどんどん時代に取り残されていく

画一的な人間の集合ではなく多様な人間の集合である方が、強力な組織になる。

実現したいが、下地となる風土や環境が日本は保守的すぎる。

未来の答えを知るものはこの世にはいないから過去の成功体験を繰り返す。

だからだよね

世界や時代の流れから後れをとるのは。

目次
閉じる